Punkin' Butterfly

続・めんどくさがりの気まぐれ日記

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 呟く  

お別れ



祖父の葬儀が終わって日常に戻りつつある。
お爺ちゃんいままでありがとう。


この間入院するというのを聞いて、お見舞いで様子を見に行っててきたが、しばらくいて小康状態のようなのでこちらに帰ったのだけど、その後一週間あまりで亡くなってしまった。
そのお見舞いの際に呼ばれてお医者様から検査のCTなどの説明を聞き余命宣告の場面に居合わせて、現実を知りとてもつらかった。本人にそのことを伝えないと決めていたので、悟られないように楽しく過ごせるように家族はみな努力はしたつもりけれどそれでよいのかわからないまま逝ってしまった。同じ病気の人と比べて最後が苦しそうでなかったことが救いだった。

私が大学生でめちゃくちゃやっている時を側でみていた祖父なので、迷惑掛けたぶんも含めていっそう絆を感じていたからとてもさびしい。でもまだ話せるうちに、顔を見せに行けてよかったと思うことにする。

葬儀のお手伝いなんかをしたりして、いろいろ勉強になったし、いつかは人に訪れることなのだと、一通り終わって落ち着くことができた。でも母が喪主でその準備やらいろいろを見ると、長男長女の夫婦のずっと先のことが思いやられた。大変だわ。
バタバタと忙しく過ごして故人のために葬式をするのだけど、哀しみに暮れていられない忙しさがあるのは、残された人の気持ちを整理するのに必要な作業なのかもしれないとも思った。

ちょくちょく家を開けてしまっても文句を言わずに好きにさせてくれた夫にも感謝せねば。
そのためにも、平常運転にもどらなきゃね。祖父も天国でみているかもしれないし。
Comment
 
そうだったんだ…大学のときには特に身近でお世話になったお祖父様だったものね。すごく辛かったね。
でもここでこうして気持ちを落ち着かせながら打ち明けてくれて少し安心したよ。
天国からmamiのことを見守っていると思うよ。頑張ってお爺ちゃんの分まで生きようね。
 
そうなのです…
自分がどうにかしたというのとは違ったので、なかなか文で書けずにいて心配をかけてしまったようで、すみませんでした。
(公開する内容なのか迷ったのですが)
この日記での独り言を聞いてくれてありがとうございます。

祖父の思い出を胸に刻みつつ、じいちゃん以上の長生きをめざそうと思います。めざせ90、いや100歳!
 
何度もコメントすみません;
こういうのうまく書けないよね。いろいろ気持ちが動いたんだね。長男長女の役割ってあるなあと思って読ませてもらいました。お母様も大変なおつとめをなさったんですね(お母様も一人っ子お嬢さんなのかしら)。私は近所に住む義理の実家の介護を見ていて、長男の嫁って大変だなあ、私はできる気がしないと思ってしまっています。時代の考え方もあるかもしれないけどね。私なんかは若くなく出産したので、子どもが成人したらすぐ介護?と先のことを考えてぞっとしています(笑)特に首都圏って、若い人が好き勝手暮らしているとわからなくなるけれど、親の役割を見ておくのってとっても勉強になるよね。
 
いえいえ、コメントしてもらえるの嬉しいです。
(小心物なので自分からなかなか絡みにいけないけど、ほんとはTwitterでのやりとりが羨ましい人です。)

今回のことでいろいろと課題を感じました。
普段は長男長女の考えとか古臭いわー、となどと思ったりしますが実際の場面をみると必要なんだと考えさせられました。
母は姉妹の姉なので、女同士で助け合えてよかったように思いました。
介護のこともそろそろ人事でないのですよね…。地方から上京したひとたちの場合そういう場面でどうしているのか情報が欲しいところです。
しかし、自分の介護のことまでは頭になかったです。さすがなつさん、めっちゃ考えてる!
今の時代、生活スタイルは多様化しているけど、歳をとるのは絶対変わらないのでそこら辺のことどうすべきなのか、難しいです。
とりあえずはみんな健康第一で元気に暮らしていてくれっと切に願っています(笑)



 
twitter、私はバカなことばかり書いてて、みんなのTLにゴミ流してて恥ずかしいわ(笑)でも、あれの良いところはどんどん流れるところ。自意識過剰に思っていたけど、時間はどんどん過ぎていくから大したことない!と思えるようになったよ。いいのかわるいのか。でも本人の美学だからね。ブログの居心地の良さもあるもんね。(それでもmamiちゃんのスローライフはみんなの癒しだからtwitter絡みは大いに喜ばれると思う!)

介護はね、私の知るところによると、上京者は晩年ギリギリになって地方の親を呼んで一緒に住んだり、近くの施設に入れたりしてるようだよ。遠くまで通って介護する人もいるけど、通える距離ならまだしも、毎週行くとなると介護者が疲労してしまうみたい。そういうの聞くと、あらためて後取りが親元にいる意味を感じたりします。もし晩年、この辺にまだ住んでいたら、長男の嫁同士励ましあおう(笑)

課題と感じたときが、考えるいいチャンスだよね。私も今きっとそうなのです。考えたことを後に忘れてしまっても、今思った気持ちや思考って参考になるから。そういう意味でブログいいなあ(話が戻る)
 
tiwitterのなつさん独自の視点と情報を楽しませてもらってます。自意識過剰、たしかに気にする方です…それをおいといて早速なにかつぶやいてみようかな。スローでも大丈夫かしら。
それとログが流れてくタイプのSNSって私の青春時代には存在してなかったので、古いタイプが好きなのだとw

>介護
おお早速情報をありがとうございます。
親を近くに呼ぶっていう方法が、たしかに一番合理的ですよね。
そこそこ動けて楽しめるうちに、近くに来てくれると親孝行の時間もできてよさそうですが、そんなこと言ったら我侭なのかなぁとも思ったり。結局本人たちの意向はどんなか、どこかで聞いてみなきゃ駄目ですね。
晩年はどんな風になるかわかりませんが、長男の嫁話ができる方がいて安心だ(笑)場所が離れてたらネットで語りたい!

課題=チャンスかぁ。
主婦してると課題を解決するという姿勢そのものが薄くてちょっと怖くなります。
考えるときはPCで消したり足したりしながら打っていくと、少し頭の整理が進むように感じてます。それをブログとして投稿するとしばらくして阿呆な頭の中を見せてしまって恥ずかしくなるようなこともよくありますが。。
楽しいことだけ残しておきたいと考えてたけれど、後で振り返るのにそのときの悩みを書いておくのは悪いことではないなと思えました。

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

プロフィール

mami

Author:mami
こんにちは。

引越ししました。
不定期更新ですが、たまにのぞいていってください。

マイリンク
過去のアルバムなど
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。